カヌー体験:神奈川県立 菅高等学校11名

先日(11/15)、江田島へ民泊に来られた神奈川県の菅(すげ)高校の生徒さん11名がカヌー体験されました。

当日は朝から冷たい北風が吹きつける海況でしたが、お昼前より徐々に納まってきました。

 

体験は午後からです。陽射しもあり暖かくなってきています。

漕ぎ方の説明を受け遊泳区域内で実地練習を行ないますが、初めてのカヌーで思うように漕げません。
加えて時折り強く吹く風でフラフラしています。女子生徒さんの悲鳴が絶えず聞こえます。

 

実地練習の休憩後、約1時間程のショートツーリングに出ますが風が気になります。

幸いにも風の影響は余り受けず、青く晴れ渡った秋空の下、カヌーを楽しんでいます。

元気の良い女子生徒さん3人組が先導したり、我先にと勢い良く漕ぐ人、ノンビリ味わって漕ぐ人等、様々です。

 

無事体験が終了しました。
参加された皆さん、お疲れさまでした。


0 コメント

カヌー体験:東京学芸大学附属高等学校5名

昨日(11/14)、広島へ学習旅行に来られた芸大附高のキュートな女子高生5人組がカヌー体験されました。
予定では午前中に体験を行なうことになっていましたが、行き先を間違えてしまって...。

 

附高の学習旅行は目的地の滞在ホテルをベースとして、グループ毎に観光やアクティビティ等を事前に計画。
それを実行しているそうです。生徒の自主性を尊重したユニークな取組みをされていまね。

 

カヌー体験は2時間遅れの午後からとなりましたが、午前中は雨降りで午後から晴れてきています。
カヌーの漕ぎ方について浜辺で説明を受けた後、遊泳区域内で実地練習に入ります。

中々思うように漕げない様子で真っ直ぐには進みません。

 

実地練習の休憩後、約1時間程のショートツーリングに出ますが少々不安です。

しかし、それは無用な心配でした。ツーリングが進むに連れてカヌーに慣れてきた様子で会話が弾み賑やかになっています。

 

天候にも恵まれ陽射しが暖かく心地良いです。
無事体験が終了しました。皆さん、お疲れさまでした。

明日は宮島へ行かれるそうですが、くれぐれも道中迷わないように。 


0 コメント

カヌー体験:和歌山県立 伊都中央高等学校14名

昨日(11/09)、江田島へ来られた和歌山県の伊都中央高校の生徒さん14名がカヌー体験されました。
冷たい北風が吹きますが、空は雲一つ無い晴天です。
午前10時頃に生徒さんが到着。茶髪、銀髪、ピアスの男子。まるでOLのお姉さんのように化粧した女子。
かなり危ない感じが漂っています。


緊張感を持て浜辺で一通りの説明を行なった後、遊泳区域内で実地練習に入ります。
先導して基本練習を行ないますが、全くバラバラでまとまりがありません。
しかし、それなりに励んでいて悪い点を注意すると素直に聞いてくれます。

 

実地練習の休憩後、約1時間程のショートツーリングに出ます。
カヌーに大分慣れてきた様子で、あれ程バラバラだった連中がまとまってきています。
そして、無事体験が終了しました。


外見だけで偏見を持ってはいけませんね。それは単なる自己主張に過ぎないということが判りました。
参加された皆さん、お疲れさまでした。 


0 コメント

カヌー体験:埼玉県立 鶴ヶ島清風高等学校34名

昨日(10/25)、江田島へ体験学習に来られた埼玉県の鶴ヶ島清風高校の生徒さん34名と先生2名がカヌー体験されました。

生徒さんの内訳は女子9名、男子25名です。活発な女の子が多いですね。

 

ライフジャケットを着てパドルの持ち方や漕ぎ方の説明を受けた後、海に出て実地練習を行ないます。
女子はタンデム艇(2人乗り)に乗ります。声を出して2人の息を合わせる必要があります。

一通りの練習をした後は、全員でショートツーリングに出ます。
湾内は風が吹き小波も出ていますが、皆さん問題無く漕ぎ楽しんでいます。

 

体験は無事終了し、終わりの挨拶の中で参加された全員がカヌーの体験者だと判り納得しました。
 お疲れさまでした。

 

江田島に来られた他のグループ(40名程)は登山体験として古鷹山へ登られたようです。
山からは湾内が一望できるのでカヌー体験の様子が見られたのでは...。


0 コメント

ビーチクリーン:ヒューマンビーチ長瀬

先週末の日曜日(10/15)、コスモ石油と地元FM局が主催する「コスモ アースコンシャス アクト」がヒューマンビーチ長瀬で行なわれました。

これは、クリーン・キャンペーンとして年間を通じて全国の海や公園などを舞台に自然と親しみながら行う清掃活動です。

 

早朝より冷たい雨が降る生憎の天気ですが、ピンポイント予報の江田島はAM10:00~12:00は曇りとなっています。

クリーン・キャンペーンに参加される方々や当クラブ員が集まり始めたAM10:00頃には雨が小降りとなり、清掃活動がスタートするAM10:30頃には雨が止みました。

 

日頃、我々江田島カヌークラブが使用している浜辺を多くの方々に清掃して頂き嬉しく思い、そして頭が下がる気持ちでした。

 PM12:00清掃活動終了です。その直前より雨が降り始めました。予報の正確さにビックリです。

 

主催者側によると参加された人は288名でした。
参加者の皆さん、ありがとうございました。ご苦労さまでした。 

今回の清掃活動については「コスモ アースコンシャス アクト」の公式Facebookに載っています。


0 コメント

カヌー体験:埼玉県 富士見高等学校14名

先週末(10/14)、江田島へ民泊に来られた埼玉県の富士見高校の生徒さん14名がカヌー体験されました。

 

予報では午後より雨、今にも雨が降り出しそうな天気で肌寒いです。
午後1時過ぎに生徒さんが到着。即カヌー体験がスタートします。
浜辺で準備運動やパドルの持ち方、漕ぎ方の説明を受けた後、海に出て実地練習に入ります。
練習エリアはフェンスで囲まれた遊泳区域内で波風による影響は殆どありません。

 

実地練習の休憩後、約1時間程のショートツーリングに出ます。
元気の良い男子生徒3~4名が上半身裸になって出艇。それに比べ指導するインストラクターは上下ウェットを着用。歳の差ですね。
女子も元気が良いですね、常に3~4名がグループの先頭を漕いでいます。

 

ツーリングの後半になると漕ぐのに慣れてきて、皆さん思い思いに楽しんでいる様子。

雨の予報はどこやら? 陽射しが当たり始め暖かくなっています。


体験は無地終了しました。参加された皆さん、お疲れさまでした。


0 コメント

レース:油谷湾シーカヤックフェスティバル(10/7~10/9)

山口県長門市の油谷湾で開催されたシーカヤックフェスティバルに参加してきました。
今年で21回目となるこの大会は「背伸びせず身の丈に合ったイベント」をモットーとしていて、とてもアットホームな大会です。

 

今年のレース前日の企画は外海ツアーとして「海から元乃隅稲荷神社を見に行こう」が行なわれました。 


こんなチャンスは滅多に無いことです。主催者側の車に付いて出艇場所の漁港を目指しますが、最後尾の車が道迷ってしまうハプニング。
結局、ツアーに参加できたのは2名でした。そのウップンを晴らすが如く前夜祭は盛り上がりました。

 

レース当日も晴天で海は波風も殆ど無い穏やかな状況。
例年、荒れる大会で身構えていたのですが、事務局長が言われるのに過去2~3番目に入る程の海況とか。
加えて季節外れの暑さで夏の大会の様相です。年寄りにはキツイです。

レースにはタンデム2組とシングル1艇が出場してタンデムは1位、2位。シングルは3位。
頑張りましたね。お疲れさまでした。


0 コメント

レース:志摩里海マリンフェスタ(9/9~9/10)

今年も志摩里海マリンフェスタに参加してきました。

昨年に続き2回目です。

 

前日(9/9)は志摩の観光とコースの下見を兼ねて「横山展望台」へ行きますが、生憎の曇り空で景色が霞んでイマイチです。


昼食は会場の「次郎六郎海岸」より車で20分程走った所の「越賀海岸」でBBQです。景色も良く心地良い風も吹き食が進みます。

モチロン、お酒も。


宿泊は会場近くの「ともやま公園宿舎」です。夜は身内だけの前夜祭で殆ど際限無しです(笑)。

 

当日(9/10)は波風も殆どない穏やかな海況。
レースにはシングル1艇とタンデム2組が出場してシングルは優勝、タンデムは2位、3位。

 好成績でしたが内容的には反省点が多くあり、来年はこの反省を踏まえてリベンジしたいですね。

 

(志摩マリンフェスタ実行委員会撮影の写真を一部掲載しています)


0 コメント

カヌー体験:若い女性2人

先日(9/1)、広島市内にお勤めの若い女性2人がカヌー体験に来られました。

SUP(スタンドアップパドルボード)ならまだしも、マイナーなカヌーの体験に妙齢の女性が来られるとは驚きでしたが、正直ウキウキしてしまいました。

 

浜辺で準備運動や漕ぎ方の説明を受け、続いて遊泳区域内で実地練習に入ります。

2人とも初めてとは思えないフォームでスムーズな漕ぎです。感心しました。

 

実地練習の休憩後、約1時間程のショートツーリングに出ますが、生憎台風15号の影響で時折り強い風が吹き付けます。しかし、その心配は無用でした。

しかっりとしたフォームに加えて漕ぐのに慣れ全く問題無くショートツーリングを終えることができました。 

 

お疲れさまでした。是非、また体験に来てください。次はシーカヤックで出艇しましょう。


0 コメント

カヌー体験:大阪府 清風中学校20名

昨日(7/28)、江田島へ民泊に来られた大阪府の清風中学校の生徒さん20名がカヌー体験されました。

 

当クラブがカヌー体験を行うようになったのは2012年からです。清風中学校さんはその第1回目より来られ、今年で連続6回目となります。良い伝統が受け継がれているのではと思ったりしています。ありがとうございます。今後もよろしくお願いします。

 

午後からのカヌー体験ですが、既に気温は30℃を超えています。予報ではMax32℃。
既に生徒数人が水遊びをしています。

 

カヌー体験がスタート。浜辺で準備運動や漕ぎ方の説明を受け、続いて海に出て実地練習に入ります。
全員が男子生徒です。これ位の人数になると悪フザケをする子がいて隣の子にチョッカイを出すヤンチャな生徒が目立ちます。

 

実地練習の休憩後、約1時間程のショートツーリングに出ます。この頃になると生徒さんの殆どが漕ぐのに慣れてきた様子で思い思いに楽しんで漕いでいます。体験が無事終了して、生徒さんが帰り際にお礼の挨拶をして下さいました。
その際、「カヌーは楽しかったですか?」と尋ねると、全員が「はい。」と言う大きな返事。

生徒の皆さんお疲れさまでした。 そして、ありがとうございました。


0 コメント

レース:アクアスロンくらはし(7/16)

「第18回 アクアスロンくらはし大会」のスイム(水泳)競技の海上警護のサポートに就かせて頂きました。


この大会の存在は以前より耳にしていましたが、具体的にどのような内容の競技か知りませんでした。アクアスロンはトライアスロンの関連競技で自転車ロードレースを除いたスイムとランを一人の選手が続けて行う競技だと判りました。
また、アクアスロンとしては国内で最も歴史のある大会だと知りました。


このような由緒ある大会の海上警護に当たるということでかなり緊張していましたが、事務局の方や他ボランティアの方々の心遣いでリラックスして対応できました。

 

真夏の炎天下の中、朝07:00~昼12:30まで海上警護をしていて選手の皆さんより元気を頂いた感じです。Sタイプ(スーパーロング)選手の力強い泳ぎ、Dタイプの小学生低学年(1~3年)選手の頑張りが心に残ります。

 

選手の皆さん、大会関係者の皆さんお疲れさまでした。
来年も海上警護のサポートに就きたいと思います。



0 コメント

レース:奄美シーカヤックマラソンIN加計呂麻(6/28~7/04)

今年も奄美へ行ってきました。


現地に着いた日(6/29)が奄美の梅雨明け、加計呂麻の海が陽射しを受けて光り輝いています。レース当日までは加計呂麻の自然を思いっきり楽しむツーリングです。


「実久ブルー」と称賛されるエメラルドグリーンの海辺より江仁屋離島を目指します。カヤッキングも楽しいですがシュノーケリングも最高、カメさんが珊瑚礁をガイドしてくれました。
 


レース(7/2)には11名が参加してフル・タンデムが昨年に続き2位、ハーフ・タンデムが3位。

暑い中、約30.7kmを全員が見事完漕。表彰式の後は、元ちとせのライブで大いに盛り上がりました。

 

翌日(7/3)は台風3号により出港が危ぶまれていたフェリーが定刻通りに出港できて助かりました。
広島には7/4(火)PM18:00頃に無事到着。来年も是非行きたいですね。

(森直弘氏撮影の写真を一部掲載しています)


0 コメント

ツーリング:宮島青海苔お楽しみ漁とBBQツーリング

先週末の土曜日(6/24)、クラブツーリングで宮島の青海苔へ行きました。


当日は今にも雨が降り出しそうな天気でしたが、

波風も殆ど無いツーリング日和です。

漁の条件としては絶好の日時と潮汐、ワクワクしながらBBQが始まります。


暫くすると見事な40cmクラスのチヌ(黒鯛)をゲット。

更に60cm超の鯔(ボラ)も一発必中。

 結局、40cmクラスのチヌ(黒鯛)が3匹、鯔(ボラ)が1匹、蟹が4匹が獲れました。


夕刻よりクラブハウスでお決まりの宴会です。
チヌはお刺身と粗煮、ボラは切身の塩焼き、蟹は茹でて余すところ無く美味しく頂きました。


0 コメント

レース:「江田島 SEA TO SUMMIT 2017」(6/17~6/18)

先週末、「江田島 SEA TO SUMMIT 2017」が開催されました。今年で4回目となります。
当クラブでは2014年の第1回目の大会よりカヤックのレンタルとカヤックコースの海上警備を担当しています。


「SEA TO SUMMIT」は、人力によるカヤック、自転車そして登山の3つのアクティビティから構成される環境スポーツイベントで、
ここ江田島の大会は自然豊かな海を生かしたカヤック競技が占める比率が他地区の大会に比べて大きいのが特徴です。 


大会当日は晴天で陽射しが強く、波風も穏やかな絶好のカヌー日和。自慢の海がグラデーションを帯びて輝いています。

選手の皆さんが気持ち良く安心してカヤッキングできるよう我々もカヤックに乗ってサポートします。

AM7:00カヤック競技スタート~AM9:10最終カヤッカーのゴール。

無事、カヤック区間が終了。 今年も問題となるようなトラブルも無くホッとしました。

 

引き続き競技終了後は、一般の方を対象にしたカヌー体験会の実施。

家族連れの方や友達同士の方々にカヌーの楽しみや醍醐味を味わって頂けたと思います。

 

選手の皆さん、大会関係者の皆さんお疲れさまでした。 


0 コメント

カヌー体験:藤井寺市立道明寺中学校10名

昨日(6/15)、江田島へ民泊に来られた藤井寺市立道明寺中学校の生徒さん10名がカヌー体験をされました。
全員が男子生徒です。今日は気合を入れて硬派で行くぞっ!

 

今日も梅雨の晴れ間で陽射しが強く、既に生徒数人が水遊びをしています。

カヌー体験がスタート。まずは準備体操、なんと全員が元気良く掛け声を出して体操しています。感心しました。

 

遊泳区域内で基本的な漕ぎ方の実地練習に入ります。
賑やかですが、隣の子にチョッカイを出すような目立った生徒はいません。

実地練習の休憩後、約1時間程のショートツーリングに出ます。
ツーリングの後半では殆どの生徒さんが漕ぐのに慣れてきた感じで楽しんで漕いでいます。

 

体験が無事終了して、生徒さんが帰り際にお礼の挨拶をして下さいました。
その際、「楽しかったですか?」と尋ねると、「はい。」と言う大きな返事があり嬉しかったです。

生徒の皆さんお疲れさまでした。 


0 コメント

カヌー体験:大阪市立中野中学校17名

昨日(6/10)、江田島へ民泊に来られた大阪市立中野中学校の生徒さん17名がカヌー体験をされました。
当初、女子生徒が10名と聞き、さぞ賑やかな体験になると思われました。

 

今日も梅雨の晴れ間で陽射しが強い夏日、絶好のカヌー日和です。

浜辺で準備運動や漕ぎ方の説明を行ない遊泳区域内で実地練習に入ります。

賑やかですが、話しをしているのは殆どが男子生徒。 隣の子にチョッカイを出すヤンチャな男子生徒が今日も目立ちます。

 

実地練習の休憩後、約1時間程のショートツーリングに出ます。
相変わらず男子生徒は賑やかです。

生徒の皆さん漕ぐのに大分慣れてきた感じです。そんな中で、特に女子生徒の頑張りが目に付きました。

 

カヌー体験は無事終了、生徒の皆さんお疲れさまでした。 


0 コメント

カヌー体験:泉大津市立東陽中学校17名

昨日(6/8)、江田島へ民泊に来られた泉大津市立東陽中学校の生徒さん17名がカヌー体験をされました。

 

午前中は曇り空で少々肌寒い感じでしたが、体験が始まる午後からは一転して陽射しが強い夏日。
波風も無い絶好のカヌー日和です。

 

遊泳区域内で実地体験を行ないますが、ヤンチャな男子生徒が目立ちます。
次のショートツーリングが思いやられます。

 

休憩後、約1時間程のショートツーリングに出ます。殆どの生徒が途中くらいでカヌーに慣れてきて楽しく漕いでいます。

「めちゃ、おもい。」という声が聞こえてきます。
「おっちゃん、もっと遠くへ行きたい。」それは、ないでしょう。せめて、お兄ちゃんと言って...、無理か。
とにかく習熟度の早さに感心します。

 

カヌー体験は無事終了しました。生徒の皆さんお疲れさまでした。 


0 コメント

カヌー体験:「ブルーム イン ハーモニー」ボランティアグループ18名

6月3日(土)、「ブルーム イン ハーモニー」ボランティアグループの18名の方がカヌー体験をされました。

 

グループには特別支援学校の教員の方、高校教員の方、大学生や武田高校のインターアクトの部員の方々がおられました。

将来、障害者の方にカヌー体験をさせてあげたいという思いで、まずは自分達が体験してみようと来られました。

 

当日、早朝は曇り気味で風が吹くと寒い程でしたが、体験が始まる頃には晴天で強い陽射しが当たり始めます。

遊泳区域内で基本的な漕ぎ方を実地体験し、その後は湾内のショートツーリングです。
パドルの水シブキが体に掛かりますが気持ち良い程です。

 

体験終了後、昼食です。実に美味しいカレーが出ました。心地良い風の中、海を眺めながらの食事は格別ですね。

皆さんお疲れさまでした。 


0 コメント

カヌー体験:八尾市立龍華中学校18名

昨日(6/1)、江田島へ民泊に来られた八尾市立龍華中学校の生徒さん18名がカヌー体験をされました。

男子生徒が10名、女子生徒が8名のグループです。


男子生徒がこれ位の人数になると、たいてい悪フザケをする子が出てきますね。

今回もいました。ショートツーリング中に友人と悪フザケをしていてあわや沈。しかし、本人はケロッとしています。

 

女子生徒さんの頑張りというか真剣さが目に付きました。ショートツーリングのダントツは女の子です。
他の女子も男子に負けていませんでしたね。

 

体験が無事終了して生徒さんが帰り際に「楽しかったです。」と言ってもらえ嬉しかったです。

生徒の皆さんお疲れさまでした。 


0 コメント

カヌー体験:大阪市立茨田北中学校14名

5月31日、江田島へ民泊に来られた大阪市立茨田北中学校の生徒さん14名がカヌー体験をされました。

女子生徒が8名、男子生徒が6名と女子生徒が多く始終賑やかでした。

 

遊泳区域内で漕ぎ方の基本を実地体験した後、休憩に入ります。 次は湾内のショートツーリングです。
ここで民泊の方よりスケジュールについてのご指示があり、約30分後には浜辺に戻っていなければなりません。

 

ショートツーリングのスタートです。先導するクラブ員は時計と睨めっこしながらコースを回り、
他のクラブ員は生徒さんが遅れないよう監視と指導をします。30分後、遅れる子もなく全員が浜辺に戻ることができました。

 

あるクラブ員が「カヌーに慣れてきて、これから楽しく漕げる頃に終わるようだ。」と言っていました。

生徒の皆さんお疲れさまでした。


0 コメント

レース:なんごうシーカヤックマラソン(日南市南郷)05.27~05.28

先週末、日南市南郷で開催された「なんごうシーカヤックマラソン」に参加してきました。

この大会の前夜祭(交流会)は凄く良いですよ、毎年楽しみにしています。

会場はホテルで行なわれ、地元の新鮮な魚介類や野山の幸を用いた豪華な料理が出ます。

また、マグロの解体ショーも行なわれ、たった今捌かれたマグロの刺身を十分に堪能できます。


今回は日南市が3月よりブランド化して売出し中の「美美鯵(ビビアジ)」の刺身を頂くことができました。 飲み物(焼酎)は飲み放題です。これも、地元宮崎の色々な銘柄の焼酎が揃っています。
 


アトラクションとして地元のちびっ子アイドルグループによる歌とダンスのショー、三味線による弾き語り。
ラテン系パーカッショングループによる演奏とダンスのショーが行われ楽しい時間を過ごすことができました。

 

翌日のレース日のコンディションは、毎年波風の影響に悩まされていたのが今年はウソのような穏やかな状況。
加えて陽射しが強く気温も高く、まるで真夏のような感じです。
レースには当クラブからシングル1名、タンデム2組が参加して結果はタンデムでワン・ツー・フィニッシュすることができました。


レース後の昼食は緊張感も解れて食が進み会話も弾みます。炎天下の昼食ですが海風が実に心地良いです。
 


0 コメント

カヌー体験:奈良市立都跡中学校7名

昨日(5/25)、江田島へ民泊に来られた奈良市立都跡中学校の生徒さん7名がカヌー体験をされました。

 

前日は四国の「大歩危小歩危」へ行かれラフティングをされたとか。
なるほど、奈良県は大きな河川が無く海にも接していないため潜在的に水に関するアクティビティに興味があるようですね...。

 

遊泳区域内でカヌー体験が始まると同時に女子生徒さんから「キャー、キャー」と賑やかな声が上がります。

楽しんでいるなと思いましたが、なんと、怖いので悲鳴を上げていたとか。
潜在的に水に対する恐怖心もあるようですね。

 

とにかく無事、カヌー体験が終了してホッとしました。生徒の皆さんお疲れさまでした。


0 コメント

カヌー体験:江田島 SEA TO SUMMIT カヤック&SUP教室

先日(5/21)、6月に開催される「江田島 SEA TO SUMMIT 2017」に向けて初心者および未経験者の方を対象としたカヤック&SUPの体験教室を実施しました。

 

カヤックが19名、SUPが4名の方が参加されました。

海は波風も無い穏やかな状況で大会に向けて良い練習ができたと思います。

 

参加された皆さん、本番頑張って下さい。当日、私達カヌークラブのメンバーがサポート致します。

(写真を追加しました。2015.05.26)


0 コメント

カヌー体験:大阪 加美南中学校4名

昨日(5/18)、修学旅行で江田島に民泊された大阪の加美南中学校の生徒さん4名がカヌー体験をされました。
当日は晴天で波風も無い絶好のカヌー日和。予想最高気温は23℃ですが、それ以上に陽射しが強かったです。

 

遊泳区域内で体験の最中に生徒さんから泳ぎたいとの声が聞こえます。
確かに、水シブキやパドルに伝わって落ちるシズクが気持ち良いです。

 

危なっかしい漕ぎ方もショートツーリングが終わる頃には殆ど目にすることも無く習熟度の早さに感心します。

無事、カヌー体験は終了し、生徒達は皆お決まりのように勢いよく海の中へ。

 


0 コメント

レース:山の中のシーカヤックレース(岩国市周東町中山湖)

昨日(5/14)、「山の中のシーカヤックレース」に参加してきました。

 

大会のタイトル通り、山の中にあるダム湖で深い緑に囲まれた静かな所です。当日は晴天でとても新緑が綺麗で清々しかったですが、湖面上では時折り西南の風が強く吹く状況でした。

 

レースには当クラブからシングル2名、タンデム1ペアが参加しました。強い風に悩まされましたが、結果はシングルで2位、タンデムは1位と大健闘。 


レース後の昼食は緊張感も解れて和気あいあいの良い感じ。静かな山間に鶯の鳴き声が響きます。
レースでは悩まされた風が実に心地良く感じました。

 


0 コメント

ツーリング:岡山カヌークラブ交流ツーリング宮島・他

GWに岡山カヌークラブの面々が来江され、ツーリングやBBQ等で親交を深めました。


初日(5/3)は、当クラブのフィールドである江田島湾をノンビリ&ユッタリのツーリング。薄曇の天気でしたが気温は高く海は心地良い風が吹き気持ちが良かったです。

 

夕方よりクラブハウス「第2だんだん」の庭先にてBBQです。
昼間のツーリングのためか食が進みます。モチロン...、お酒も。

 


二日目(5/4)は、総勢15名による宮島ツーリングです。 快晴の天気で気温も高く、とても5月とは思えない秋のような清々しさです。

出艇に先立ち、当クラブの平野(雅)副会長の新艇(WFKスパルタン・プリンス)の進水式が行なわれました。

 

宮島はGWで多くの観光客で賑わっています、というか大混雑の状態です。

それをはた目に海から悠々と大鳥居を眺め清盛茶屋近くの浜辺に上陸。昼食はいつもの十八番のパスタ!

帰路、多くの観光客の羨望の眼差しを受けながら、海から大鳥居を拝み潜り抜けます。注目度大で緊張します(笑)。

 

途中、絵になる島、絵の島に寄って小休止して無事帰りました。 参加者の皆さん、お疲れさまでした。 


0 コメント

カヌー体験:静岡県浜松市立富塚中学校11名

昨日(4/25)、修学旅行で江田島に民泊された浜松市立富塚中学校の生徒さん11名がカヌー体験をされました。


浜辺でストレッチ運動、パドルの持ち方、漕ぎ方等についてのレクチャーを受けてから全員が出艇します。
指導員の後について遊泳区域内を周遊しながら左右旋回、ストップやバックを実践します。
膝を立てて漕いだり、パドルを極端に立てたり、また身を乗り出したり危ない状態が目に付き、その度に注意を促します。

 

休憩で浜辺に戻ると、大潮の干潮時のためマテ貝を目当て来た人で浜辺が賑わっています。生徒達も民泊の世話人と一緒になって今夜のオカズになるのだと楽しんで採ります。


休憩後はショートツーリングに出ます。生徒達は習熟が早く危ない漕ぎ方は目立たなくなり、カヤックを楽しんで漕いでいます。
無事、カヌー体験は終了しました。参加の皆さん、お疲れさまでした。

今日の中国新聞朝刊に江田島市の民泊に関する記事として、今回のカヌー体験が載っていました。


0 コメント

レース:岡山城・後楽園カヌー駅伝大会

先週末(4/15~16)、「第6回 岡山城・後楽園カヌー駅伝大会」に参加しました。
この大会には色々とご縁がありまして第1回目から参加しています(笑)。

 

初日(4/15)は会場に着いてから激しい雷雨に見舞われ、挙句の果てには雹(ヒョウ)までもが降る有様。幸い個人タイムトライアルのレースの直前には納まり、当クラブから参加した2名がワン・ツー・フィニッシュしました。
しかし、これもゴール寸前より激しい雨降りとなりました。

 

その後は、雨が降ることはなく前日祭が行なわれ、当クラブは恒例となったスキ焼を作りました。これが実に美味しく、作った料理担当者自身もビックリするほどの美味しさ。 


大会関係者や他チームの人が次から次と集まり、更に口コミで長蛇の列ができました。武庫川女子大の監督が来られ、「若い者がお世話になります。」とお礼まで言われました。とにかく凄い売れ行きで食材が底を尽き、途中で買出しに行く有様。
結局、全ての食材を使い切って大鍋で約10鍋分を作り、人数換算で約100人分を提供することができ、親睦を深めることができました。

 

翌日(4/16)は朝から雲一つ無い晴天、絶好のカヌー駅伝日和。

今年は山口以外に愛媛の助っ人を得て、当クラブは3チーム体制で臨み、結果はAチームが2位、Bチームが9位、Cチームが13位。

 

惜しかったのはAチームで3番手までは1位でしたが、アンカーとの交代の際にペダル調整に手間取り、その間に先行されてしまうことに。
追い駆けるも空しく昨年に続き2位でした。悔しいですね、同じチームに連敗するとは、来年こそは...。

 (正岡富久美氏撮影の写真を一部掲載しています。)


0 コメント

ツーリング:八千代湖(土師ダム)花見ツアー

先週末(4/8~9)、今年で6回目となるクラブ恒例の八千代湖(土師ダム)花見ツアーに行ってきました。

 

ここ八千代湖は1994年の第12回アジア大会や1996年の国体でカヌー競技場の会場となりました。以降、県の国体予選や各種のカヌー競技場として使用されているダム湖です。

 

桜の名所としても知られていて「全国お花見1000景」によると、約5000本の桜が湖面を彩る西日本有数の名所として紹介されています。

 

当日は生憎の曇り空で今にも雨が降り出しそうな天気でしたが気温が高く、桜は3~4部咲きほどで湖面よりノンビリ観賞することができました。 


宿泊先はいつもの「千代田温泉」です。一泊二食付き3,000円、日本一安い温泉宿として有名になったこともあります。
レトロで風情があって良い宿ですよ。

翌日も八千代湖へ行き漕ぎ出します。何と桜が更に開花していて5~6部咲きほどでしょうか、昨日よりも明らかに華やかで綺麗になっていました。天気はイマイチですが鶯も鳴き気分は満開です。


0 コメント

カヌー体験:レスキュー用ボートの配備

少し遅れましたが、先月(3/12)にカヌー体験を実施する上で、より一層の安全・安心を確保するためとしてレスキュー用の動力ボートが配備されました。

 

当日は、小川会長による進水式、試乗が行なわれました。
ボートは全長3100mm、全幅990mm、船外エンジン2馬力以下のため免許は不要です。

 

既に、先日(3/27)のカヌー体験で使用され、インストラクターより心強いという声が聞かれました。



0 コメント

クラブ総会&夜桜宴会

昨日(4/1)、クラブ総会が行なわれました。(参加者24名)


新たに3名のクラブ入会者の紹介、続いて会計報告や今年度の事業予定等が粛々に進められました。


昼食休憩後、地元の牡蠣養殖業者「やながわ水産さんによる広島牡蠣の養殖方法に関する説明がありました。人の知恵と工夫により養殖方法が確立されてきているようですが、やはり自然には敵わないようですね。

 

しかし、浜辺に流れ着く養殖用のプラスチックの短管、何とかならないものでしょうか...。


この後、夕刻より沖工房にて待ちに待った夜桜宴会。
生憎、桜は1~2部咲き程度でしたが、皆の気分は満開、そして全快です。
肉ジャガ、トン汁、BBQ等、美味しい料理とお酒を頂きながら焚き火を囲んで談笑、楽しい時間を過ごすことができました。


0 コメント

カヌー体験:岡山金光教 小中学生&大学生 10名

昨日、金光教の小中学生&大学生の10名がカヌー体験に来られました。


当日は体験準備の直前まで雨が降りコンディションが危ぶまれていましたが、皆さんが到着する頃には陽射しが当たり始めてきました。


艇庫前で準備運動、パドルの持ち方、漕ぎ方等についてのレクチャーを受けて全員が出艇します。指導員の後について遊泳区域内を周遊しながら左右旋回、ストップやバックを実践しますが、まだ緊張気味で余裕はありません。


その後、休憩を挟んでショートツーリングに出ますが、この頃になるとカヤックに慣れて皆楽しんで漕ぐことができるようになっています。


ツーリングの後半、雲行きが怪しくなり小雨が降り始めますが、気になる程でも無く皆は意気揚々で元気そのもの。
艇庫前の浜辺に到着してから雨脚が強くなり最後には土砂降りの雨。既に皆は艇庫内に退避し着替えも完了。
皆さん、何か持っている? と、いった感じですね。カヌー体験は無事終了しました。参加の皆さん、お疲れさまでした。


0 コメント

レース:2017広島カヌースプリント長距離選手権大会

先日(3/12)、地元江田島の長浜海水浴場で「2017広島カヌースプリント長距離選手権大会」が開催されました。当クラブから9名が「一般男女シーカヤック 5,000m」のクラスに参加しました。

 

当日は春爛漫の波風も無い穏やかな春の海となり、参加選手は目一杯漕ぎに集中することができたと思います。
結果は5,8,10位を除く1~10位までに当クラブのメンバーが7名入るという快挙。

 

レース後は、水面がキラキラ光り輝く麗らかな春の海を見ながらの昼食。心地良い風が吹き実に気持ちが良かったです。
心残りは焼き牡蠣の食べ放題、火力が弱いのか、効率が悪いのか長い行列ができて心が折れました。でも、4個は食べました。美味しかった..。
 



0 コメント

ツーリング:海上自衛隊第一術科学校

当クラブの艇庫があるヒューマンビーチ長瀬より北東側の対岸に海上自衛隊の第一術科学校が見えます。

距離にして約2.5km程あり、チョイ漕ぎには最適です。
カヌー体験のコースとして術科学校の往復を行なうこともあります。

 

江田島湾は波風や潮流の影響を受けにくく、初心者からベテランまで技量・目的に応じた漕ぎを楽しむことができます。
メンバーが数人集まれば、まずは術科学校を目指し、次に状況に応じて時計/半時計回りに湾内を周遊したりしています。

 

時には音楽隊の練習を耳にしたり、カッター訓練を見ることもあります。
また、自衛艦が停泊していることもあり、見学に漕ぎ出したりするメンバーもいます。流石に潜水艦は湾内に入ってきません。

 



0 コメント

工房だより:自慢の工房です

当クラブは統合廃校となった旧沖中学校の体育館を工房として使わせて頂いています。


カヌー、パドル等の製作やメンテナス以外にも艇庫として、また、メンバーの趣味を活かす場として使用しています。

写真でもお判りのように、WFK製のドラゴンチャネル3艇が同時にメンテナンスでき、尚且つ余りある広さの工房です。

当たり前ですよね、中学校の体育館ですから。

 

器材や工具類も充実しており、専用の塗装ルームやコーヒーを飲みながら談笑できる憩いの部屋もあります。 また、メンバーの中には木工、積層(FRP)、メカニカルに対して高いスキルを持っている者もいて心強いです。 



0 コメント

クラブハウス:第2だんだんの蜂の巣除去

先週末、クラブハウス「第2だんだん」の西側トイレの天井裏に造られていた巨大な蜂の巣が除去されました。


蜂そのものはクラブハウスとして旧民家を借り受けた2015年の秋に既に駆除しましたが、発見した当時は大騒ぎでした。
トイレに入ると天井裏からブ~ンブ~ンと異様な音がしていて、常に数匹の蜂が近くを飛び回っているデンジャラスゾーンそのもの。
勇気あるメンバーが天井裏に大きな蜂の巣を確認し、数日間に渡って殺虫剤で駆除したと聞いています。


あれから1年4ヵ月後、既に蜂の駆除と共に巣の除去も行なわれていると思っていましたが...。それにしても大きいですね。改めて感心すると共に被害が無くて良かったです。



<以下はインターネットより引用>
スズメバチの巣には何段にもなった巣盤とボール状の外皮があります。
外皮は朽ち木の木質部や生きた樹木の樹皮をかじり取ったものを、だ液と混ぜて団子状にして巣に持ち帰ります。
細かく噛み砕いた後、大顎と前肢を使って薄く延ばしながら表面に貼っていきます。

働きバチが羽化するとあちこちで巣材を集めてくるため、材料の違いから外皮の表面には特徴のある貝殻状の模様ができます。
巣の形や外皮の模様は種類によってそれぞれ特徴があり、ハチの種類を判別するのに役立ちます。

0 コメント

ツーリング:自衛艦との遭遇

江田島には海上自衛隊の幹部候補生を育成する第一術科学校(旧海軍兵学校)があり、隣接する呉市には海上自衛隊呉地方総監部(通称:呉地方隊)があります。
このためツーリングに出掛けると自衛艦と遭遇することがあります。

 

狭い瀬戸で行き交う時には多くの乗員が甲板や艦橋に出て周りを監視しながら航行しているのを見受けます。
その際、こちらが手を振ると気さくに手を振って応えてくれ、思わず心が和みます。


艦船は姿かたちや色彩が異様で怖い感じがしますが、乗っている彼等には心温かな人柄を感じます。

そんな彼等が本気モードで出て行かないことを願っています。



0 コメント

ツーリング:初漕ぎ

1月はもう過ぎようとしていますが、カヤッカーの皆さん初漕ぎはされましたか?
寒い冬場は苦手で暖かくなる春先までは冬眠中という方も多いと思いますが...。

 

当クラブのメンバーより初漕ぎの話やグループウェア等への投稿がありましたので以下に紹介します。

約10名程のメンバーが初漕ぎを終えているようですね。
その中で、元日早々初漕ぎをされたのは当クラブの会長である小川会長でした。流石です。


 

1月4日 H氏
自分自身の毎年恒例(高齢?)となっている漕ぎ始め。
正月とは信じられない程の陽気でAM9:00頃の出艇時は9.3℃、日中はなんとMax15℃。海況も波風も無い凪で、まるで春の海といった感じ気持ち良く漕げました。



 

1月5日 M氏
本日最高の天気の中宮島初詣に初漕ぎで行ってきました。のんびりと散歩漕ぎで鳥居の中を潜って来ましたが帰ってから、神様に手を合わせるのを忘れてた事に気がつきました。(;一_一)



 

1月7日 田尾 副会長
平成29年初漕ぎをしました。朝9時に沖美艇庫を出艇し,宮島の鳥居まで行きました。
帰着時間は13時50分 4時間50分の初漕ぎとなりました。
行きは,右斜め前からの風,波でしたが特に問題ありませんでした。
帰りは全く問題ありませんでした。
マイペースで行けましたが,一人はさみしかったです。



 

1月26日 K氏
フジタカヌー全塗装、メンテナンス終了にて術科学校まで本年の初漕ぎをしてきました。本年もよろしくお願いいたします。


0 コメント

カヌー体験:神奈川 桐蔭学園中学校6名

冷たい北風が強く吹き遊泳区域外の筏付近では白波が立つ程の悪いコンディション。予報ではPM12:00 気温8℃ 風速5m/s。

 

生徒達が到着する前に本日のカヌー体験は中止の方向で話が進んでいました。

PM13:00頃に生徒達が到着。


民泊の世話人へ状況について説明し今後の対応について検討を行なっていると、生徒達は寒さに関係なく水辺で遊び始める有り様。

 

生徒の中の1人にカヌー経験者がいてどうしても乗りたいと言う。
様子見で遊泳区域内をクラブ員のサポート付きで出艇しますが、波風の影響を受けて不安定な状態で漕でいます。
奥の桟橋付近まで漕ぎ進むと風裏のためか安定した様子に見えます。

暫くして引き返してきます。やはり、桟橋付近は風裏となり風の影響を受け難いようです。


他の生徒達も乗りたいと希望し、ここにきて徐々に風が納まり始めてきました。

約1時間遅れでカヌー体験の開始です。
浜辺で準備運動、パドルの持ち方、漕ぎ方等についてのレクチャーを行ない全員が出艇します。
指導員の後について遊泳区域内を周遊しながら左右旋回、ストップやバックを実践します。

 

時間が経つに連れて風も納まり、生徒達は習熟が早く思い思いに楽しんで漕いでいました。
寒い中、約1.5時間でしたがカヌー体験は無事終了しました。
カヌー体験参加のみなさん、お疲れさまでした。 


0 コメント